自立走行を可能にした技術が

現在の車はとても進化していて自立走行が可能な技術がでてきています。ただ、現在の自立走行の技術はちょっとした障害物を避けるといったことや、前の車のスピードに合わせて自分も走るといった程度のことが出来るといったところで、数ある運転のほんの一部をサポートしてくれるといったような役割にとどまっているとはいえます。 ですが、この自立走行の技が自動運転といったものになっていく可能性はあるとはいえるのではないでしょうか。そのためには、自立走行の技術といったもののほかに交通網の整備といったものも必要にはなってくるでしょう。どこでも自動運転が出来るというようにするには、車の使用ケースはあまりに多くありすぎます。ですから、高速道路のような特定の場所では自動運転が出来るといったようなスタイルにはなるのでしょうが、それでもすごい技術となっていくと考えられます。 そのような特定の場所では人が全く道路上にはいなくて、対向車も来ないといったような状況を作り出せるとします。そうすれば目的地を指定すれば、その目的地に連れて行ってくれるという夢の車が出てくる可能性があります。目的地までのルートはナビでわかりますし、後は、目的地まで車が走ってくれればいいわけです。道中に対向車や人と出会うといったような不確定要素がなければ、いまの自立走行の技を応用することで、こういったことは可能になっていくでしょう。もっとも、そういった人がいなくて対向車もいないといったような状況をどうやって作るのか、作った時にはどうやって管理をしていくのかといったことは大きな問題にはなっていきます。 こういったことをするためには、膨大な費用と時間といったものも必要になるでしょうから、直近の未来でこういったことが出来るようになるとは考えずらいのですが、遠い将来では実現が出来るのではないかと思われます。何しろ人類はこれまで考えすらできなかったことをいくつも成し遂げてきていますから。

自動制御機能という知恵

車の自動制御機能という知恵はどこまで進化をするかはわかりません。現状の技術もすごいものですが、将来はさらに進化を → 詳しくはこちら

ページリスト

Copyright© 2015 車の未来はどこまでいける All Rights Reserved.