車の未来はSFを超えるか

車の未来はSFを超えるかもしれません。これまでも考えられないような進化をしてきましたから、SFのようなものが未来に登場をしても不思議はありません。今の車は馬車などを使っていた時には想像すら出来なかったものだったでしょう。ただ、物理法則を無視したようなものは出来ないでしょうが。例えば車がカプセルになってポケットの中に入れて持ち歩けるといったようなことは厳しいでしょう。 とはいえ、今の車は激変しているといってもいいでしょう。なにしろ動力部のエンジンがなくなってしまうというようなことになっています。エンジンがモーターになるというのはとんでもない可能性を車に与えました。というのはエンジンというのは一種の爆発物ですから、専門の技術者しか取り扱えないものでした。そのため、エンジンを覆う鎧は頑丈につくる必要があり、大きな力を作り出せるけれども重くて頑丈なものになっていきました。これに対してモーターは軽くて誰でも扱えます。簡単にいえばプラモデルのモーターと同じです。小学生でも組み立てて走らせることができます。小型化も可能ですから、今ではモーターがタイヤの中に入ってしまい、本体には動力部はないといったものも登場しています。 こうなると車はさまざまなことができます。レイアウトといったものも、自由に考えられますし、軽量化といったものも進んでいけます。将来の車は今の鉄ではなくて、軽いカーボンやプラスチックなどで出来るようになるかもしれません。そうなると安全性といったようなものもよくなってきます。鉄ではなくてプラスチックなどで出来たものであれば、人を傷つけたりすることは今より格段にレベルの違ったものになるでしょう。 かたちも今と全く異なるものが出てくる可能性は十分にあります。なにしろエンジンがなくなったことで、レイアウトは自由自在です。人が乗るスペースさえ確保すれば後はどんな形状にしてもいいわけですから。

夢物語がリアルになる日も

現代の車はどんどんと進化をしていますので、夢物語だったような車がリアルに現実のものとなる日がくるかもしれません。すでにその前兆と → 詳しくはこちら

ページリスト

Copyright© 2015 車の未来はどこまでいける All Rights Reserved.