車の業界にも秘策はあるか

車業界の将来の秘策は電化と自動運転といえるかもしれません。これで車業界は大きく変わっていくことになるかもしれません。車が重たいのはエンジンによるものでした。エンジンは大きな力を得るためにガソリンを圧縮して爆発させることで推進力を得ます。いってみれば小さな爆発物を持って走っているようなものですから、その爆発力を抑えるために頑丈な鎧を必要としていました。それが電気モータになればかなりの軽量化をすることができます。今よりももっと軽い素材で作れますから、事故などのときの被害といったものも、今よりももっと小さいものにできるかもしれません。 しかも、モータであれば、小さくしていくことも可能です。実際今ではタイヤのなかにモータをいれて、これで動く車といったものもでてきます。そうなると今までエンジンを載せていたところが全部なくなってしまいますし、エンジンを冷やすために使われていたものもすべていらなくなるといったこともあります。小型化することも可能となっていきます。 そして、将来の車は自動運転という秘策というか課題があります。現代では前の車の車間距離を測ってスロー運転をしたり、自動ブレキーをかけられたりするものですが、将来的には目的地に自動的に運んでくれるようなものも開発されるかもしれません。もっともこのためには、今の複雑な交通事情を何とかする必要があるとはいえますが、自動運転技術にはソフトとハードの両方で対応をする必要がでてきます。このソフトの分野はこれまでの車業界とは全く違った業界が参入をしてくることになりますから、産業が広がっていくといった可能性も秘めています。 また、エネルギーの転換といったものもあります。今のガソリンエンジンが電化される可能性はかなり大きいですし、水素エンジンといったものも開発されています。こちらは排気ガスといったものもないので、自然にやさしいといったような魅力もあります。

車離れに歯止めをかけるには

モータリゼーション全盛の現代においての車離れに筆者はやや懐疑的ではありますが、現実に売り上げ、販売台数等からはそのような → 詳しくはこちら

ページリスト

Copyright© 2015 車の未来はどこまでいける All Rights Reserved.