車の未来はどこまでいける

国土の殆どに張りめくらされた道路、そして、主要都市の間を縦横に結ぶ高速道路網は、日本を自動車社会として目覚しい発展を遂げさせる要因となりました。

生活物資の殆どをカバーする自動車を利用した流通、レジャーをより充実した楽しいものにする為に、また、日常生活の足として、今では自動車の存在を抜きにして生活が成り立たないのでは、と思われるほどです。

オープンリールデッキ等旧式の機器も取り扱っています

これほどまでに充実した、自動車を用いた交通網の未来は、今後どのような発展を遂げるのしょうか。

まず、考えられる事は燃料の変化でしょう。

現在でも様々な種類のものが発表、そして発売されていますが、従来使用されてきたガソリンなどは排気ガスなどの問題から次第に姿を消し、電気や水素などを使って走らせるものが今後も益々増えていくでしょう。

京都エタニティならあなたの求めるムービーを作ることが出来る

もちろん、インフラの整備や性能面での更なる進歩は必要不可欠となりますが。

近い将来、家庭で充電した車が排気ガスも騒音も出す事無く街を走る時代がすぐそこまで来ているのです。

次に、安全面での進歩が考えられます。

最近、発売されている自動車には各種の安全装備が備えられています。

衝突などから乗っている人の体を守るシートベルトは、かなり以前から装着されていましたが、更にエアバッグを標準装備したものが増え、更には接触を回避するソナー、後退時などの際に大きな力を発揮するバックモニターに加え、最近では居眠りなどによる走行時のふらつき予防のブザー、追突防止のための自動ブレーキなど、ドライバーに万一の事が有ってもその安全を確保するための装置が次々に開発、装備され、未来の自動車になったら運転する事さえ自動で行う事の出来る装備が備えられるのでは、と思わせます。

そして、これは特に国土の狭い日本ならではの発展かもしれませんが、オートバイと自動車の中間のような存在のものが登場する事も考えられます。

特に、乗用車輌の場合、定員一杯で使われている事は殆ど無く、大概は1人か2人しか乗っていない場合も多いのです。

これは、道路の渋滞を招く一つの原因とも考える事が出来る上に、駐車や保管場所を考えた場合にでも今よりコンパクトなものが開発される事は充分に考えられる事なのです。

実際、近年の販売台数を見ても小型のものはその台数を次第に増やす傾向にあるのです。

日本を取り巻く環境を考えた上での、自動車社会の未来、それは今以上に環境と安全性能、そして使い勝手などを考えたものになっていくことでしょう。

ページリスト

Copyright© 2015 車の未来はどこまでいける All Rights Reserved.